名古屋で就労支援、障害者雇用を行うなら「株式会社ユナイテッドユニーク」に!フレンドリーなスタッフが障害をかかえる方の支援を親身になってお手伝いさせていただきます。一緒に新しい一歩を踏み出しましょう。

ノックス

ステップス

ハンズ

コラム

Column

コラム一覧

障害をオープンにして働くか? クローズにして働くか?

自分らしい働き方を実現するために、オープンとクローズどちらで働くべきか、選択に悩む方も多いのではないでしょうか。
障害をオープンにして就労する場合とクローズにして就労する場合、それぞれにメリット・デメリットがあります。
障害をオープンにした働き方

障害者手帳を提示して説明をすることで、障害者雇用として就労できます。

メリット デメリット
・仕事内容を考慮してもらえる
・通院のための休みが取りやすい
・理解されている安心感
・障害者に対する支援制度を利用できる
・職場への定着が高まる
・一般の求人に比べて障害者雇用の求人が少ない
・業種や職種の選択肢が限られる
障害をクローズにした働き方

障害者手帳を提示、障害についての開示をしないで、一般の労働者と変わらない条件で就労します。

メリット デメリット
・障害者雇用の求人に比べて求人が多い
・業種や職種の選択肢が広がる
・仕事内容について配慮を得られない
・通院のための休みが取りにくい
・障害のことを知られるのではないかという不安感
・障害者に対する支援制度を利用できない
・職場への定着が難しい
選択に迷った時のアドバイスポイント
~相談しやすい環境か?それとも求人の数か?~
障害をオープンにした働き方とクローズにした働き方ではずいぶんと変わってくるため、自分にどのような働き方が合っているのか、どうしたいのかをよく考えながら進む道を決めていきましょう。

オープンとクローズどちらで働くべきか選択に迷っている方は、
名古屋で就労支援を行う【ノックス】へお問い合わせフォームよりご相談ください。
若年者を中心に「働く」を応援!
名古屋の東区にある【ノックス】は、若年者を中心に見えない障害とたたかっているあなたの「働く」をサポートします。

事業所内プログラムと職場体験、さらにそれらのふりかえりを繰り返しながら就職に向けてステップアップを図り、長期就労に向けた就職後の支援までが、
就労支援の主な流れです。    

就労支援を受けるメリット

このような悩み・相談ありませんか?
下記のようなことを相談したい時、就労支援を利用するのも一つの方法です。

・自分に適した仕事が見つかるか不安
・働いていない期間が長いので復帰できるか心配
・働きたいけど体調に波がある
・障害者手帳は取得したほうがいいのか
就労支援を受けるメリットとは

就労支援を行う就労移行支援事業所では、一人ひとりが希望する働き方を実現できるよう就職に向けた相談から、就職後のサポートまで一貫したサービスを提供します。

訓練以外に楽しみながら参加できるプログラムもある
就労移行支援事業所では、就労に向けた本格的な訓練のほかに、余暇活動やレクリエーションなど楽しみながら参加できるプログラムも実施しています。
楽しむことを主体とした活動では、リフレッシュやストレス発散の仕方などが身についたり、同じ「就労」という目標に向かって頑張る仲間ができたりします。
就職活動に関する様々なことをガイドするので安心
就労移行支援事業所では、就職活動に必要な履歴書の作成の仕方・面接の練習など、様々なことをサポートしガイドします。
オープンで就労するのかクローズで就労するのかなど、相談をしながら計画を立てていきますので、安心して就職活動を行えます。
就職後のサポート体制も充実
就労移行支援事業所では、就職までのサポートだけでなく就職後の定着支援も行っています。定期的に相談の機会を設け、職場に馴染めているか、仕事のことでトラブルを抱えていないかといったことを確認します。さらに必要に応じて、企業側と本人の間に入って職場環境の改善を図ることもあります。

働くうえで必要な報連相

報連相って何?

報連相とは、報告・連絡・相談のそれぞれ一文字をとって略したもので、ビジネスの基本といわれています。
この3つを的確に行うことで仕事がスムーズに進み、ミスやトラブルを回避することにつながります。

報告 会社の上司や同僚からの指示・与えられた業務などに対し、結果を伝えること
連絡 関係者に情報を伝えること(自分の意見や憶測を含めない事実を伝える)
相談 判断に迷った時・困った時に問題解決に向けて意見を聞きたい時にアドバイスをもらうこと
報連相を行うタイミングはいつ?
働く上で必要な報連相は、

・帰宅する前、業務結果を伝えるための『報告』
・後輩ができたときに、会社のルールを伝えるための『連絡』
・突然のトラブルがあったときに、問題解決するための『相談』
といったように、一日を通して報連相を行うタイミングは多く訪れます。
報連相は何故重要なの?~「報告・連絡・相談」それぞれの重要性~
『報告』『連絡』はチームワークの強化に役立つ
ほとんどの仕事は、一人で完結するものではありません。
会社の人々がチームワークを発揮して協力しながら進めていくものです。
依頼された仕事が完了したことの報告や、変更・遅延が発生したことの連絡を適切に行うことで、社内の連携がスムーズになり、チームワークの強化に役立ちます。
また、想定外の事態が起きた場合でも、すぐに報告と連絡を行えば迅速に対応でき、トラブルを防ぐことにもつながります。
『相談』は早めの対処が可能になる
仕事中、わからないことが見つかったとします。
相談するタイミングがわからず放置してしまうと、業務が遅延したり他の人が困ったりしてしまうおそれがあります。わからないことがあった場合、いつ・誰に相談したらいいのかを事前に確認しておけば、早めに対処することができ、業務に支障をきたす心配もありません。

就活で自分に合った求人を見つけるために重要な自己理解

自分の得意・不得意を知ることは大切~自分に適した求人を見つけるために~
名古屋の発達障害の方で仕事でお悩みの方は【ノックス葵】へ。
誰にでも得意・不得意があります。自分の得意・不得意を知ることは、
自分に適した求人を見つけるヒントになるので、就活を成功させるために
役立ちます。
また、発達障害について理解を深めることも自分を知ることにつながります。発達障害にはいくつか種類があり、それぞれ特性が異なります。さらに、同じ発達障害でも、苦手なことは一人ひとり異なります。そのため、仕事を長期間続ける上で自己分析は欠かせません。
不得意なことは工夫でカバー!

報連相とは、報告・連絡・相談のそれぞれ一文字をとって略したもので、ビジネスの基本といわれています。
この3つを的確に行うことで仕事がスムーズに進み、ミスやトラブルを回避することにつながります。
自分の不得意がわかれば、様々な工夫によってカバーしていくことは可能です。

例えば・・・
耳からの情報処理が苦手だとわかれば、

>

聞いたことは必ずメモをとる
共有事項は可能な限り文書で伝えてもらう

といった対策をとることができるようになります。
このように、自分の苦手なことを前もって把握しておけば、仕事の際にそれをカバーする方法を考えることができるのです。
また、"上手くできるようにならない"ことへのストレス緩和にもつながります。

就労支援(就労移行支援)で身につくスキルとは?

就労支援(就労移行支援)を受ける目的とは?
障害福祉における就労支援(就労移行支援)では、
働くために必要な能力を身につけるための訓練を行います。
職種によって必要な能力は異なりますが、社会人としての基本的なスキルはどの職種にも役立ちます。
社会人としての基本的なスキルを身につけることが、就労支援(就労移行支援)の大きな目的です。
就労支援(就労移行支援)で身につけられる主なスキル

事業所によって多少の違いはありますが、就労支援(就労移行支援)で身につけることができる主なスキルには、以下のようなものがあります。

  • 挨拶の仕方、身だしなみなどのビジネスマナー
  • 業務指示の正確な聞き方
  • パソコンの操作方法
  • 求人票の見方
  • コミュニケーションスキル
  • 履歴書の書き方
  • 自分のできないことの周囲への相談
  • 面接での対応方法
実践的な訓練も体験できる

実際に就職した時の状況を想定した、実践的な訓練も体験することができます。

指示を受けて作業をする
上司役の人から業務の指示を受けて作業を行う訓練です。指示された業務を時間内に済ませたり、漏れなく業務を完了させたりするための練習として役立ちます。
業務の報告や連絡、相談をする
必要に応じて業務の報告や連絡をすることは、どの仕事でも大切なことです。
上司にしっかりと伝わるように報告する内容をまとめる、適切なタイミングで報告・連絡・相談をする、などの訓練を行います。
得意なことはもっと活かそう!

就活では、不得意なことへの対処方法と同様に、得意なことを活かす方法を考えていくことも大事です。

例えば・・・
集中力が非常に高い場合、緻密な作業も集中して熱心に取り組める。
関心のある分野だとデータを調べるのに高い能力を発揮するなど、得意を活かせる仕事や業務はいろいろあります。
このように、得意としていることは、自分の強みとして仕事や業務に活かすことができるので、自分に合った求人も見つけやすくなるのです。また、自分に合った会社に巡りあえれば、職場への定着も高まります。

障害者雇用促進法の基礎知識

障害者雇用促進法とは?

障害者雇用促進法は、障害者の安定した雇用の確保を目的とした労働法の一つです。
正式名称は「障害者の雇用の促進等に関する法律」といいます。障害者雇用促進法には、下記のような内容が定められています。

企業に対する措置
・一定規模以上の企業に対して、一定比率以上(法定雇用率)の割合で障害者を雇用すること
・すべての従業員が能力を十分に発揮するための措置を講ずること
・障害者であることを理由とした、差別的取り扱いの禁止
・障害者の雇用割合が法定雇用率に満たない企業は、障害者雇用納付金を納付すること
障害者本人に対する措置
・障害者の職業生活における自立を支援すること

障害者を雇用するにあたり、企業側が行うべき具体的な配慮の例をいくつかご紹介します。

  • 安全に通勤するために勤務時間を変更する
  • 誰でも理解できるように文字や絵を使って説明する
  • 作業がしやすいように机の高さを調節する
  • 職場での悩みや不満が相談できる窓口を設置する
  • 社内にパンフレットを配るなどして、障害に対する理解を深める
  • 一人ひとりの特徴に合わせてコミュニケーションの手段を工夫する
働きやすい環境は増えてきている
障害者雇用促進法や障害者自立支援法の施行に伴って、障害者の自立支援を目的とした障害福祉のサービスが広がり、働きやすい環境も整いつつあります。
それでも、まだまだ課題や改善すべき点もあるでしょう。
しかし、障害者雇用促進法は5年毎に見直しが行われ必要に応じて改正されます。
そのため、今後は障害の有無を問わず誰もが働きやすい環境へと進化していくことが期待できます。

就労移行支援の就職に役立つポイント

就労移行支援の利用対象はどんな人?
就労移行支援サービスを利用するには、原則として下記の条件を満たしている方が対象となります。
 ・年齢が18歳以上65歳未満の方
 ・身体・知的・精神障害や難病のある方
 ・企業などでの就労・開業を希望する方で、就労が可能と見込まれる方また、障害者手帳をお持ちでない方でも、障害福祉サービス受給資格や医師の意見書などがあれば、自治体の判断により利用可能な場合があります。
(※市区町村によって判断が異なります)

【ノックス葵】の利用者様には、発達障害の方が多くいらっしゃいます。
就労移行支援の利用期間はどれくらい?

就労移行支援のサービス利用期間は、原則2年以内となっています。
但し、市区町村に必要性が認められた場合は、最大1年の更新が可能です。

就労移行支援のここが就職に役立つ!
様々な能力の訓練ができる
就労移行支援の事業所では、パソコン訓練や作業訓練などの仕事にかかわる訓練をはじめ、社会人として押さえておきたいビジネスマナーやコミュニケーション能力の向上を目指す訓練を行っています。
これにより、働く上で必要な能力全般の向上を目指すことが可能です。
障害者本人に対する措置
・障害者の職業生活における自立を支援すること
働きやすい環境を作るための具体的な配慮の例
企業に対する措置
・一定規模以上の企業に対して、一定比率以上(法定雇用率)の割合で障害者を雇用すること
・すべての従業員が能力を十分に発揮するための措置を講ずること
・障害者であることを理由とした、差別的取り扱いの禁止
・障害者の雇用割合が法定雇用率に満たない企業は、障害者雇用納付金を納付すること

自己表現で大切なアサーションについて

このような時あなたはどうしますか?

映画のチケットを買うため列に並んでいたところ、自分の前に人が割り込んできました。

  1. A. 割り込みされたことに苛立ちを感じ、相手を怒鳴り列から外れてもらう
  2. B. 割り込みされたことに苛立ちを感じるが、相手には何もいわない
  3. C. 割り込んできた人に自分が先に並んでいたことを伝え、きちんと後ろに並んで欲しいと丁寧に頼む
自己表現には3タイプある
アグレッシブ(攻撃的な考え方)
自分の考えや意見ばかりを主張して、相手への気配りがないタイプ。
上記の例でいうと、相手に自分の主張を押しつける言動で表現したAに当てはまります。
ノン・アサーティブ(非主張的な考え方)
自分の考えや意見を我慢して、相手のことを優先するタイプ。
上記の例でいうと、相手に自分の主張を表現しなかったBに当てはまります。
アサーティブ(アサーション的な考え方)
自分の考えや意見を相手に伝えるが、相手への配慮も忘れない、自分も相手も大切にするタイプ。
上記の例でいうと、相手を尊重しつつ自分の主張したいことをきちんと伝える表現をしたCに当てはまります。このような自己表現を『アサーション』といいます。
アサーションって何?
アサーションとは、コミュニケーションスキルの一つで、
「自分と相手を大切にする表現技法」のことです。
 ・自分の気持ちや意見を大切に考え、自分が伝えたいことを正直に率直に伝える
 ・相手の気持ちや意見も大切に考え、コミュニケーションを図る
アサーションによるメリット

アサーションができるようになると、より良い人間関係を築くことができます。それは、下記のようなメリットがあるからです。

  1. お互いに自分がどう思っているのかを率直に表現できる
  2. たとえ意見が違ってもお互いが納得できる結論を探しだせる
  3. 相手に自分の気持ちが伝わることで自信がつく
  4. お互いに相手がどう思っているのかを理解することができる
  5. 他の人の意見を聞くことで視野が広がる
アサーショントレーニングを学ぼう
名古屋で精神障害の方の就労支援を行う【ノックス葵】では、コミュニケーションに重点を置いたプログラムを提供しています。
プログラムの一環としてアサーショントレーニングも行っていますので、
プログラムに関する質問・相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

規則正しい生活習慣の大切さ

規則正しい生活習慣を身につけるためのポイント

規則正しい生活を心がけていますか?規則正しい生活とは、起床時間や食事の時間、就寝時間などをあらかじめ決めておき、毎日決まった時間に行動する生活のことです。

規則正しい生活のポイント
・1日のスケジュールを書いて見やすい場所に掲示する
・毎日同じ時間に起きて同じ時間に眠る
・1日3食できるだけ同じ時間に食べる
・テレビやスマートフォンを見る時間も決めておく
生活習慣が乱れるとどうなる?

生活習慣が乱れてしまうと、様々な不調を起こしてしまいます。よくある不調には、以下のようなものがあります。

・深夜になっても眠れなくなる
・疲れがたまって体がだるくなる
・興味や関心が薄れて意欲がなくなる
・すぐにイライラしてしまう
・集中力が低下する
・下痢や便秘になりやすい
生活習慣を身につけることのメリット
  1. 朝すっきりと目覚めることができる
  2. 体のリズムが整って健康維持につながる
  3. 集中力が高まる
  4. 時間と心に余裕を持って行動できる
  5. 身だしなみを整える習慣が身につく
就職に向けたマナーやコミュニケーションについて学べる
【ノックス葵】

求人への応募を目指している方にとって、規則正しい生活は身につけておきたい習慣の一つです。
生活習慣のほかにも、就職するために身につけておきたいスキルはたくさんあります。
愛知にある【ノックス葵】では、発達障害を中心とした就労移行支援を行っており、就職に向けたマナーを学ぶことができます。
そのほかにも、コミュニケーションに重点を置いたプログラムで、自立を目指す方をサポートしています。
愛知で就労移行支援事業所をお探しの方は、ぜひ【ノックス葵】へお問い合わせください。

求人への応募を目指している方にとって、規則正しい生活は身につけておきたい習慣の一つです。生活習慣のほかにも、就職するために身につけておきたいスキルはたくさんあります。
名古屋にある【ノックス葵】では、発達障害を中心とした就労移行支援を行っており、就職に向けたマナーを学ぶことができます。
そのほかにも、コミュニケーションに重点を置いたプログラムで、自立を目指す方をサポートしています。
名古屋で就労移行支援事業所をお探しの方は、ぜひ【ノックス葵】へお問い合わせください。

相談することの大切さ

就職に関する悩み・不安を抱えていませんか?

就労しなければならないという焦りと、思うようにいかない現実とのギャップに悩んでしまうことはありませんか?

就職する前の悩み・不安 就職した後の悩み・不安
・どんな仕事が自分に合っているのかわからない
・就職したいけど自分にできるか自信がない
・障害や特性を理解してもらえるか
・人間関係が上手くいかない
・集中力が続かない
・納期に間に合わせるのが難しい
一人で抱え込まずに相談することが大切
就労について深く悩みストレスが溜まると、心身の調子を悪くしてしまうおそれがあります。それを防ぐためには、一人で抱え込まず相談することが大切です。悩みを誰かに相談することで、ストレスの原因を客観的に捉えることができ、冷静に考えることができます。また、第三者の意見を聞くことで、新しい解決方法が見つかることもあります。
相談しやすい・働きやすい職場環境を作るために
発達障害などの精神障害を抱えている方が働きやすい職場を作るために、厚生労働省は「精神・発達障害者しごとサポーター養成制度」を創設し、2017年の秋から講座をスタートさせました。
この養成講座は、発達障害・精神障害に関する正しい理解の浸透を図り、発達障害・精神障害の方にとって働きやすい職場環境作りを推進するのが趣旨です。
このような取り組みにより、働く現場は悩みや不安を相談しやすい・働きやすい環境へと整いつつあります。
見えない障害とたたかっている方の就職を支援する
就労移行支援事業所

【ノックス葵】では、発達障害などの精神障害を抱えている方の就職を支援しています。
就職に関する悩みや不安は、一般企業での経験に加え、社会福祉士・産業カウンセラー・キャリアカウンセラーなどの資格を持ったスタッフが親身に対応いたします。
名古屋で就労に関する悩みをお持ちの方は、お気軽にご相談ください。

株式会社ユナイテッドユニーク

愛知県名古屋市東区葵3-12-7 AMS葵3ビル2F

052-930-5216

052-930-5217

Content Menu
Copyright (C) 2018 株式会社ユナイテッドユニーク All Rights Reserved.